たんタンブラぶら

4月 18

quote 客の注文に応じて女子高生が客の体に触り、プロレス技をかけるサービスを宣伝していた。一番人気は首4の字固めで、5秒間技をかけて2千円。2番は腕ひしぎ逆十字、3番は三角絞めだったという。

4月 18
anasaltukhaifi:

Umbrellas Street, Portugal.

anasaltukhaifi:

Umbrellas Street, Portugal.

4月 18

quote タコ部屋+3食付きのリゾートホテルでバイトしてたとき、「定時の15分前に準備を終えて、10分前から業務開始」っていうあからさまな労基法違反のルールがあったんだけど、そのとき「ああ、そうか。客から100万引っ張るより、労働者から100万搾り取る方が簡単なんだな」って思ったわ。

4月 18

quote

会計事務所の仕事を30年近くもやってくると
成功する社長と
成功しない社長のパターンが見えてきます。


成功する社長は
①前向き
②メモ魔
③素直
④しつこい(執着心)
⑤行動が早い
⑥慎重
⑦社長業のわきまえ
⑧責任感
こんなところが身についていたり習慣になっていたりします。


これに対して成功しない社長は
①思慮が足りない=ポカが多い
②頭で覚える=忘れる
③決断できない=人心掌握できない
④諦めが早い=成功の体験が少ない
⑤無計画=失敗が多い
⑥職人気質=経営ができない
⑦他人のせい=反省が無い
⑧行動するのが遅い=周りは待ってくれない
こんなところが共通点だったりします。

4月 16

quote  あるフリーソフトのお話。

 そのソフトは元々開発者が自分が楽をするために個人的に開発したもの。で、同じような苦労をしている人がいるのでネットで流してみた。

 評判は大変よく、やがてそのソフトを利用したシステムやサービス、そのソフトで仕事のやり取りをする人もいるようになった。

 やがてWindowsの世代更新が行われる。しかし、そのソフトはあたらしいOSには仕組みが違うため対応していない。使えなくなってしまう。一応、代用できる有料のソフトは世間にはあるが、以前のものを引き継いだ形のフリーソフトはない。

 で、それに対して開発者はそれを開発する気はなく、ましてや過去、一部利用者による心無い誹謗中傷まで受けるような状況にまったくやる気をそがれている様子。開発者は自分のBlogをすでに数年前に更新停止している。コメント欄にはソフトが使えないことに対する恨み、開発再開を懇願する要望、これによって業務に支障が出た、どうするんだ!というような逆恨みまで。しかし、誰一人として「お金を出すので開発してください」とは書かれていない。

 これはフリーソフトに限ったことではありませんが。それまで便利にタダで使えたことが、システムの変更によりある日突然使えなくなる、なんてことはあります。その時に「タダで引き続き同じサービスを受けることが権利だ」と勘違いしていると上のような状況になるんだろうなあ。

 根源をたどればあくまでこのフリーソフトは開発者の「善意」でしかなく。そしてその善意を恒久的に続ける義務はありません。

4月 16

quote 講義が始まる前、スクリーンにAmazonの画面映して自分の本の宣伝してる教授。誰か教えてあげて…。最近チェックした商品に『マンガでわかる離婚知識から手続きまで』『離婚ハンドブック』『父親の品格』『息子の心を取り戻す』と悲痛なタイトルの本が映し出されてること、誰か教えてあげて…。

4月 16

quote 司法浪人があまりにも長かったので、合格した時元カレからお祝いメールがきたりした。曰く、「合格おめでとう!嫁も彼女も喜んでいます!」。将来の依頼者候補だなと思った。

4月 16

comfortspringstation:

Kitten rejected by mother and raised by golden retriever

4月 15

quote 理解していない人が多いようだから書いておく。

国(地域でも良いが)は、文明のレベルが上がると水の使用量が増えていく。
川で洗濯物を洗っていたのが、洗濯機で洗う。
川で体を洗っていたのが、お風呂で洗う。
銭湯から、個別の家庭でお風呂を置くようになる。
トイレが水洗になる。
工場も多量の水を使う。工場が沢山出来ると言うことは水の使用量が増えることを意味する。
因みに、日本人は一人当たり、一日に400Lを使うと言われている。
   
   
   
水の量、川の少なさが中国の発展のブレーキになると水処理関係者は以前から指摘している。

4月 15

quote ちなみに、メガネ・コンタクト族の皆さん、君らの多くは近代以前だったら生存能力のない「視覚障害者」だからね。そこ覚えておくように。社会制度や技術で少なからず「障害」は「障害」でなくすることができるんだよ。